活用事例② 『物流企業のケース』

申込当時、直近が黒字になったものの繰越損失がまだあり、リスケ解消後半年という状況で、現在の金融機関が対応するには難しいと判断。

メイン取引先に着目し弊社にてキャッシュフローの状況を確認した結果、メインの債権流動化+買掛け先の支払いサイトを変更することで対応可能と判断。

現在、大手外食産業は株主が変わり、さらに業務をアウトソーシングをさせており業務も右肩上がりとなる。

今期の決算で繰越損失解消の見込み。

今期中には通常の金融機関にて対応予定。

Source Article from http://page1nb.co.jp/?p=473

Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク Digg This このエントリをつぶやく Share on Tumblr newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

トラックバック

この求人に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする