サイトを検索

山科豊弘での"診療(調剤)報酬債権の流動化"を含む項目

診療(調剤)報酬について

医療機関・調剤薬局では、医療費の被保険者自己負担部分以外を、診療(調剤)報酬に基づき毎月レセプトを作成し、社会保険・国民健康保険より受け取っています。

 

支払いサイトは月末締め翌々月20日~25日となっており、高額な設備への先行投資や医薬品の在庫を抱えざるを得ない医療機関・調剤薬局にとって大きな資金負担となっています。

 

診療(調剤)報酬債権の流動化

請求先が一般企業であれば3社間契約によってファクタリング契約を行うことで解決出来ますが、対象が社会保険・国民健康保険の場合は特殊なため、債権譲渡通知を送付していただくことでファクタリングが可能となります。

 

診療(調剤)報酬債権のファクタリングは商品化がなされていますが、借入になるのか、または債権の売却になるのかで今後の医療機関の経営に大きくかかわってきます。

 

銀行以外の貸金業登録業者の場合は、借入金になるケースがほとんどであり、金融機関または決算書の開示の際、ノンバンクからの借り入れが公になる可能性があります。

 

Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク Digg This このエントリをつぶやく Share on Tumblr newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有